フェブラリーステークスでG1開幕!
ダート王者決定戦!

TOP
フェブラリーS,G1,ダート

フェブラリーステークス

東京競馬場 ダート 1600m
フェブラリーステークスは1997年2月にG1に昇格した2月に行われる年明け最初のGⅠレースとなります。
ダート競走ならではのレース展開でのパワーとスタミナ勝負が繰り広げられています。
特徴として、スタートは芝コースからとなっているので実は完全なダートレースではありません。
スタート直後は芝のコースを走り、芝を長く走れる外枠のほうが比較的有利という見方もあり、先行馬が外枠に入った時は前に出しやすいので展開が向くという事が言えるでしょう。
逆に内枠に先行馬が入ると前に出すのに苦労したり、良い位置取りが取れず苦戦することが多い傾向にあります。
基本的にダートレースでは逃げ先行が有利という競馬の根底があるので、スタートダッシュできるかが重要になってきます。
差し馬、追込馬の場合は1600mよりも長い距離で勝っている馬であれば追い脚で勝負出来るので、その辺の駆け引きが勝負の分かれ道になってきます。
ダート競走は日本では芝に比べて冷遇されている節もありますが、芝よりもダートに適正のある馬は多く、芝で勝てないからといってダートに路線変更した馬がそう簡単に勝てる様なものでもありません。
とは言っても、アグネスデジタルの様に芝にもダートにも適正のある化物も存在しますし、芝から路線変更してきた馬が一気に勝ち上がる事もあります。

近年の傾向

まず注目したいのは関西馬が圧倒的に勝率が高い事があげられます。
そして比較的荒れやすいレースでもあります。
1番人気が順当に来ている時も比較的多いのですが上位人気だけで決着という事は少なく、逃げ、先行馬がもったまま行ったり、穴馬が飛び込んで来ているケースも少なくありません。
その中ではコパノリッキーの様に前で勝負する馬は比較的好走しているのがフェブラリーステークスの近年の傾向にあり、前走にチャンピオンズカップを使っている馬の成績が良い点も見逃せない要素となり、チャンピオンズカップと同じ中京で開催される東海ステークスの出来もまた検証する要素として注目度が上がっています。

優勝馬過去10年の優勝馬

2016 ⑭モーニン 牡4 M.デムーロ
(Henny Hughes産駒)2番人気[先] G1 2015 ④ コパノリッキー 牡5 武豊
(ゴールドアリュール産駒)1番人気[先] G1 2014 ⑬コパノリッキー 牡4 田辺裕信
(ゴールドアリュール産駒)16番人気[先] G1 2013 ②グレープブランデー 牡5 浜中俊
(マンハッタンカフェ産駒)3番人気[先] G1 2012 ⑯テスタマッタ 牡6 岩田康誠
(Tapit産駒)7番人気 [追] G1 2011 ⑫トランセンド 牡5 藤田伸二
(ワイルドラッシュ産駒)1番人気 [逃] G1 2010 ④エスポワールシチー 牡5 佐藤哲三
(ゴールドアリュール産駒)1番人気[先] G1 2009 ⑮サクセスブロッケン 牡4 内田博幸
(シンボリクリスエス産駒)6番人気[先] G1 2008 ⑮ヴァーミリアン 牡6 武豊
(エルコンドルパサー産駒)1番人気[先] G1 2007 ⑫サンライズバッカス 牡5 安藤勝己
(ヘネシー産駒)3番人気 [差] G1 2006 ⑭カネヒキリ 牡4 武豊
(フジキセキ産駒)1番人気[差]

安田記念,マイル,古馬

G1高松宮記念

芝のスプリントで春のG1が幕を開ける。短距離が得意なスピード馬が集結するこのレース、スピード王の栄冠を手にするのは?

G1桜花賞

桜の女王決定戦!牝馬3冠初戦で女王へ向けての勝負が幕を開ける!牝馬の女王の座を賭けて、桜の季節に乙女達が激突する

G1皐月賞

今年の3歳で強いのはどの馬なのか?3冠馬への唯一の切符を手にするのは?最強馬へ名乗りを挙げる有力馬が集い激突する!

G1天皇賞・春

国内G1で最も長い3200m。馬と騎手が一体となる事が求められるステイヤー達の祭典。スピード、スタミナ、パワーを備える実力馬の熱き戦い。

G1NHKマイルカップ

3歳のスピード自慢が集うマイル戦。マイル王を目指す3歳スピード自慢が集い、1600mを駆け抜ける!今年のスピード王は一体どの馬なのか?

G1ヴィクトリアマイル

牝馬のマイル女王決定戦。スピードとパワー溢れる女傑達の意地を賭けたこのレースで今年の牝馬の主役が決まる!?

G1オークス(優駿牝馬)

樫の女王決定戦。2400mの距離でスピードとパワーに加えてスタミナと底力に溢れる真の3歳女王が決まる!3歳牝馬戦一タフなレース。

G1日本ダービー(東京優駿)

3歳クラシック最高峰レースである日本ダービー(東京優駿)。ダービー馬という最大の勲章を手にするのはどの馬なのか?

G1安田記念

春の短距離、マイル戦線を締めくくる安田記念。1600mを駆け抜け、春のスピード王がこのレースで決まる!

G1宝塚記念

日本2大グランプリレース第一弾は阪神開催の宝塚記念!人気、実力共に兼ね備えた名馬達の祭典を制するのは?

G1スプリンターズステークス

秋のG1はここから始動。夏に花咲いた上がり馬が爆発するか?それとも春の王者が勝つのか?一つのミスも許されないスピード勝負

G1秋華賞

3歳牝馬3冠もいよいよ最終章。最後の栄冠を手にするのは?乙女達が最後の栄冠を手にする為の最後の戦いの火蓋が切って落とされる。

G1菊花賞

クラシック最終戦にして最も過酷な3歳G1菊花賞。スピードとスタミナとパワー、全てを兼ね備えた実力馬はどの馬なのか?

G1天皇賞・秋

八大競走の1つであり秋古馬3冠戦の初戦となる天皇賞・秋。秋古馬路線の主役を決める一大決戦を制し秋のG1戦線の主役を狙う!

G1エリザベス女王杯

真の女王を決める牝馬の最高峰G1レース。新旧の女王達のプライドが火花を散らし激突する。今年の女王は一体どの馬なのか?

G1マイルチャンピオンシップ

今年のマイルを制するのはどの馬なのか?スピードと適応力が試されるマイルG1競走の最終章。マイル王がここで決まる!

G1ジャパンカップ

日本が世界に誇るジャパンカップ!外国産馬を返り討ちにする日本のスターホース達。日本を世界に押し上げた日本最高峰G1レース!

G1チャンピオンズカップ

今年のダート王者はその馬の手に?スピード、スタミナ、パワーを有する最強ダードはどの馬なのか?地方と中央の意地がぶつかり火花を散らす。

G1阪神ジュベナイルフィリーズ

2歳牝馬の最強馬決定戦。来年の女王はここから誕生する!?早熟な乙女達が火花を散らすこのレースで年代最初の女王が決まる!

G1朝日杯フューチュリティステークス

2歳牡馬王者決定戦は翌年の3冠馬への戦いでもある。ここからもう3冠馬へ向けた熱き闘いは始まっている!!

G1有馬記念

日本最高峰のG1、有馬記念。日本が生み出した至高のグランプリレースであり、人気、実力を共に備えたスターホースがここに集結する。

予想の組み立て

前述の要素に加えて血統を見ていきたい所ですが、血統的に強いというものが無いのがこのレースの特徴と言えます。
ダートタイプの種牡馬、芝もダートもどちらもいける種牡馬は結果が出ており、サンデーサイレンス系の産駒も好走しています。
一つの目安としては、ダートは基本的にパワーとスタミナが必要な事、そしてフェブラリーステークスではその馬に向いた展開に持っていく必要がある事で1600mよりも長い2000mあたりで好結果の出ている馬を穴馬で狙っていくのが穴党の正攻法、鍵になるのではないでしょうか。

競馬新聞