競馬の祭典G1競走を
過去の開催結果から占う

競馬 g1,結果,開催

G1レース

競馬でのG1レースと一言で言っても多くの種類のレースがあり、そのどれもが同じ条件ではありません。
牝馬限定であったり距離であったりコースであったり、その他にも様々な条件があり、多くの種類、条件があるからこそ多くのG1を獲得した馬は名馬への階段を登っていけるのだと思います。
サラブレットとして生を受け、その成長過程の中で、多くの馬達がその頂きのステージであるG1のステージに立つ事が出来ないまま生涯を終えてしまいます。
そんな中で勝ち上がって来た競走馬が更なるしのぎを削るG1競走、そこに焦点を当てて、どんなドラマが繰りひろげられるのか、どの馬が勝つのか、予想等も交えながら紹介していきたいと思います。

クラシック

G1レースの中でも、競走馬が生涯に一度だけ挑めるレース、そして格の高いレースとして『クラシック』があります。
3歳の牡馬、牝馬だけが出走出来るレースである、皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞、そして牝馬限定で桜花賞、優駿牝馬(オークス)があります。
そしてこのレースを制したものが3冠馬と呼ばれ、現在は牡馬は皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞、牝馬は桜花賞、優駿牝馬(オークス)に3歳牝馬限定G1の秋華賞を加えて牝馬3冠とい うのがクラシック路線となっています。
3冠馬となる為には、このクラシックレースを制していく事が前提であり、生涯に1度しかない3つのレースを3勝しなければならず、その為には実力に加えて運も持ちあわせていなければなりませ ん。
どんなに素質があっても能力が高くても、たった一つの怪我で3冠馬の夢を絶たれる結果となる馬も数多く存在します。
では何故『クラシック』がそこまで注目を集めるのか?それはクラシックレースによって変わる条件も大きな要因でしょう。
現在日本の競馬の距離は平場ではステイヤーズステークスの3600mというのが最長距離ですが、菊花賞も3000mというかなり長距離のレースです。
皐月賞は2000mですから、2000mで勝つスピードと3000mで勝つスタミナの両方を持ちあわせていなければ3冠を制する事は出来ません。
そして、どの距離でも勝てるという事は、日本の古馬(4歳以上の馬)の主要G1競走の距離もこなせる適正能力があるという事に繋がります。
主に格の高いG1レースとして八大競走(上記のクラシック5レースに天皇賞(春)、天皇賞(秋)、有馬記念を加えたもの)があり、その距離は天皇賞(春)3200m、天皇賞(秋)2000m、有馬記念2500m、そ れに春のグランプリレースである宝塚記念が2200m、世界の強豪を迎えて行われるジャパンカップが2400mと、日本の競馬界を代表する馬としての王道を突き進める事になるわけです。
もちろんこのクラシック路線だけが競馬ではありませんが、日本の競馬を象徴し、大きな盛り上がりを作る一つである事は間違いないでしょう。

競馬新聞

優勝馬偉業の成し遂げた名馬達

シンボリルドルフ
(パーソロン産駒) 16戦13勝
七冠馬【皐月賞・ 東京優駿(日本ダービー)・菊花賞・天皇賞(春)・天皇賞(秋)・有馬記念】
1984 皐月賞 岡部幸雄
1984 東京優駿(日本ダービー) 岡部幸雄
1984 菊花賞 岡部幸雄
1984 有馬記念 岡部幸雄
1985 天皇賞(春) 岡部幸雄
1985 天皇賞(秋) 岡部幸雄
1985 有馬記念 岡部幸雄
G1
シンザン
(ヒンドスタン産駒) 19戦15勝(2着4回)
五冠馬【皐月賞・ 東京優駿(日本ダービー)・菊花賞・天皇賞(秋)・有馬記念】
1964 皐月賞 栗田勝
1964 東京優駿(日本ダービー) 栗田勝
1964 菊花賞 栗田勝
1965 天皇賞(秋) 栗田勝
1965 有馬記念 松本善登

優勝馬JRA3歳クラシック三冠
【皐月賞・東京優駿(日本ダービー)・菊花賞】

セントライト
(ダイオライト産駒) 12戦9勝
1941 横浜農林省賞典四歳呼馬=皐月賞 小西喜蔵
1941 東京優駿競走=東京優駿(日本ダービー) 小西喜蔵
1941 京都農林省賞典四歳呼馬=菊花賞 小西喜蔵
《1941 横浜農林省賞典四・五歳呼馬》
G1
シンザン
(ヒンドスタン産駒) 19戦15勝(2着4回)
1964 皐月賞 栗田勝
1964 東京優駿(日本ダービー) 栗田勝
1964 菊花賞 栗田勝
《1965 天皇賞(秋)・1965 有馬記念》
G1
ミスターシービー
(トウショウボーイ産駒) 15戦8勝
1983  皐月賞 吉永正人
1983  東京優駿(日本ダービー) 吉永正人
1983  菊花賞 吉永正人
《1984 天皇賞(秋)》
G1
シンボリルドルフ
(パーソロン産駒) 16戦13勝(海外1戦0勝)
1984 皐月賞 岡部幸雄
1984 東京優駿(日本ダービー) 岡部幸雄
1984 菊花賞 岡部幸雄
《1985 天皇賞(春)・1985 天皇賞(秋)・1985 有馬記念》
G1
ナリタブライアン
(ブライアンズタイム産駒) 21戦12勝
1994 皐月賞 南井克巳
1994 東京優駿(日本ダービー) 南井克巳
1994 菊花賞 南井克巳
《1993 朝日杯3歳S・1994 有馬記念》
G1
ディープインパクト
(サンデーサイレンス産駒) 14戦12勝(海外1戦0勝)
2005 皐月賞 武豊
2005 東京優駿(日本ダービー) 武豊
2005 菊花賞 武豊
《2006 天皇賞(春)・2006 宝塚記念・2006 ジャパンC ・2006 有馬記念》
G1
オルフェーヴル
(ステイゴールド産駒) 21戦12勝(海外4戦2勝)
2011 皐月賞 池添謙一
2011 東京優駿(日本ダービー) 池添謙一
2011 菊花賞 池添謙一
《2011 有馬記念・2012 宝塚記念・2013 宝塚記念》

優勝馬JRA3歳牝馬三冠
【桜花賞・優駿牝馬(オークス)・秋華賞 】

メジロラモーヌ
(モガミ産駒) 12戦9勝
1986 桜花賞 河内洋
1986 優駿牝馬(オークス) 河内洋
1986 エリザベス女王杯 河内洋
G1
スティルインラブ
(サンデーサイレンス産駒) 16戦5勝
2003 桜花賞 幸英明
2003 優駿牝馬(オークス) 幸英明
2003 秋華賞 幸英明
G1
アパパネ
(キングカメハメハ産駒) 19戦7勝(海外1戦0勝)
2010 桜花賞 蛯名正義
2010 優駿牝馬(オークス) 蛯名正義
2010 秋華賞 蛯名正義
《2009 阪神JF・2011 ヴィクトリアマイル》
G1
ジェンティルドンナ
(ディープインパクト産駒) 19戦10勝(2戦1勝)
2012 桜花賞 岩田康誠
2012 優駿牝馬(オークス) 川田将雅
2012 秋華賞 岩田康誠
《2012 ジャパンC・2013 ジャパンC・2014 ドバイSC・2014 有馬記念》

過去開催

過去の結果からみるG1

過去の開催から見た結果として、圧倒的に強い馬がいるレース、ライバル同士、例えば2強であったり3強であったりでしのぎを削りそうなレース、そしてどの馬が勝ってもおかしくないレース、大きく分けるとこの3パターンがあります。
G1レースの特徴として、全ての馬がそのレースに照準を合わせてきている事、馬の資質はある程度把握出来ている状況にあるという事です。
ただし、2歳馬に関しては未知数な部分もまだ多く、2歳G1については当てはまらない部分ではあります。
G1は馬の状況をとても把握し易いので、競馬初心者でも楽しめる競馬であり、そこが一番の魅力でもあります。

肝心の予想ですが、どうやって勝馬を見定めるかは、上のどのパターンに当てはまるのかを見極める事です。
わりと簡単なのは最初の2つで、圧倒的に強い馬がいる場合は軸に決めて小数点数で、2強、3強の時も同様に軸を決めて少数点数で攻めるべきでしょう。
手堅くいくなら単勝と複勝、穴を狙いたいならフォーメーションで1頭軸か2頭軸で良いと思います。
注意点としては、オッズはその馬の人気や騎手の実力も大きく反映される為、実力以上に人気の面でオッズが上がる場合がある事です。
勝ちにいくならその点も考慮した上でオッズや馬柱を見るのが鉄則です。

問題の、最近の競馬では多い傾向にある、どの馬が勝ってもおかしくないパターンのレースですが、今は外国人騎手もJRAに所属出来る様になり、その騎手が穴馬を上位に持ってきたりと、騎手の実力が高いので読みにくい状況になっていると言えます。
ならば、その点を逆手にとって、上位人気の馬に上手い外国人騎手が騎乗の馬を軸に、それに該当する馬がいない場合は人気の高い馬とリーディング上位騎手の組み合わせ、それに上手い外国人騎手かリーディング上位の騎手が騎乗する人気が低めの馬を紐にするという予想の組み立ての図式が勝ちやすい組み立てとして成立するのではないかと思われます。
近年に開催されたG1競走の結果でも、そういった傾向が強いです。
人気が割れていると予想にどうしても迷いが出てしまいますが、近年は騎手の影響も以前より大きくなってきている様に感じますし、過去の開催結果は過去の結果で一つのデータではありますが、競馬もそういった部分も含めて今、急激に進化しています。
地方出身ジョッキーの台頭、外国人騎手の受け入れと、ここで一気に変わりつつある競馬で勝つ予想をしていくには、予想をする側も過去のデータだけにとらわれず近年の、直近のデータを再優先に活かして予想を立てていくべきではないかと思いますし、それがG1開催となれば尚更でしょう。

競馬 g1,結果,開催

G1フェブラリーステークス

ダートG1で一年のG1が開幕する。最強のダート馬の称号はどの馬に?今年最初のG1覇者となるのはどの馬なのかを占う。

G1高松宮記念

芝のスプリントで春のG1が幕を開ける。短距離が得意なスピード馬が集結するこのレース、スピード王の栄冠を手にするのは?

G1桜花賞

桜の女王決定戦!牝馬3冠初戦で女王へ向けての勝負が幕を開ける!牝馬の女王の座を賭けて、桜の季節に乙女達が激突する

G1皐月賞

今年の3歳で強いのはどの馬なのか?3冠馬への唯一の切符を手にするのは?最強馬へ名乗りを挙げる有力馬が集い激突する!

G1天皇賞・春

国内G1で最も長い3200m。馬と騎手が一体となる事が求められるステイヤー達の祭典。スピード、スタミナ、パワーを備える実力馬の熱き戦い。

G1NHKマイルカップ

3歳のスピード自慢が集うマイル戦。マイル王を目指す3歳スピード自慢が集い、1600mを駆け抜ける!今年のスピード王は一体どの馬なのか?

G1ヴィクトリアマイル

牝馬のマイル女王決定戦。スピードとパワー溢れる女傑達の意地を賭けたこのレースで今年の牝馬の主役が決まる!?

G1オークス(優駿牝馬)

樫の女王決定戦。2400mの距離でスピードとパワーに加えてスタミナと底力に溢れる真の3歳女王が決まる!3歳牝馬戦一タフなレース。

G1日本ダービー(東京優駿)

3歳クラシック最高峰レースである日本ダービー(東京優駿)。ダービー馬という最大の勲章を手にするのはどの馬なのか?

G1安田記念

春の短距離、マイル戦線を締めくくる安田記念。1600mを駆け抜け、春のスピード王がこのレースで決まる!

G1宝塚記念

日本2大グランプリレース第一弾は阪神開催の宝塚記念!人気、実力共に兼ね備えた名馬達の祭典を制するのは?

G1スプリンターズステークス

秋のG1はここから始動。夏に花咲いた上がり馬が爆発するか?それとも春の王者が勝つのか?一つのミスも許されないスピード勝負

G1秋華賞

3歳牝馬3冠もいよいよ最終章。最後の栄冠を手にするのは?乙女達が最後の栄冠を手にする為の最後の戦いの火蓋が切って落とされる。

G1菊花賞

クラシック最終戦にして最も過酷な3歳G1菊花賞。スピードとスタミナとパワー、全てを兼ね備えた実力馬はどの馬なのか?

G1天皇賞・秋

八大競走の1つであり秋古馬3冠戦の初戦となる天皇賞・秋。秋古馬路線の主役を決める一大決戦を制し秋のG1戦線の主役を狙う!

G1エリザベス女王杯

真の女王を決める牝馬の最高峰G1レース。新旧の女王達のプライドが火花を散らし激突する。今年の女王は一体どの馬なのか?

G1マイルチャンピオンシップ

今年のマイルを制するのはどの馬なのか?スピードと適応力が試されるマイルG1競走の最終章。マイル王がここで決まる!

G1ジャパンカップ

日本が世界に誇るジャパンカップ!外国産馬を返り討ちにする日本のスターホース達。日本を世界に押し上げた日本最高峰G1レース!

G1チャンピオンズカップ

今年のダート王者はその馬の手に?スピード、スタミナ、パワーを有する最強ダードはどの馬なのか?地方と中央の意地がぶつかり火花を散らす。

G1阪神ジュベナイルフィリーズ

2歳牝馬の最強馬決定戦。来年の女王はここから誕生する!?早熟な乙女達が火花を散らすこのレースで年代最初の女王が決まる!

G1朝日杯フューチュリティステークス

2歳牡馬王者決定戦は翌年の3冠馬への戦いでもある。ここからもう3冠馬へ向けた熱き闘いは始まっている!!

G1有馬記念

日本最高峰のG1、有馬記念。日本が生み出した至高のグランプリレースであり、人気、実力を共に備えたスターホースがここに集結する。

  • 単勝
  • 複勝
  • 馬連
  • 馬単


お問い合わせ